より安全な世界のために、
スタンレー電気の深紫外技術を

新型コロナウイルスが気づかせた衛生リスク

現在人類が直面している新型コロナウイルス(COVID-19)の脅威は、私たちの家庭から社会全体に至るまで衛生的なリスクが
世界規模で潜んでいる事を浮き彫りにしました。それは同時に、リスクへの対策(殺菌・消毒)が必要である事を示しています。
その対策は、私たちが触れるもの、それは水や物や空気など、あらゆる対象に様々な手法で取り組まなければなりません。

スタンレー電気の深紫外技術が実現する殺菌効果は、人々を細菌やウイルスの危険から守る事ができます。
※正確には「不活化効果」

深紫外って何?

紫外光とは、波長100~400nmの目に見えない光です。
中でもUV-C(深紫外)と呼ばれる波長領域100~280nmの光は地球上には存在しませんが、殺菌、有機分解、光重合およびセンシングといった幅広い機能を備えています。スタンレー電気には、この深紫外領域LEDの高出力化技術があり、特に殺菌機能に注目しています。

紫外殺菌の原理

細菌やウイルスは、遺伝情報に基づく細胞分裂によって増殖する事で感染・発症へと至ります。
この増殖に必要な遺伝情報を持つのがDNAやRNAです。
深紫外光を照射すると、DNA・RNAの螺旋構造を変化させることができます。

紫外殺菌はDNA・RNAの「不活化」によって実現します

紫外殺菌の効果

紫外光を照射するだけで確実な殺菌効果を実現します。
この効果はDNA・RNAを持つ様々な細菌やウイルスに有効であり、様々な大学、研究機関、企業によって日々探究されています。

99.9%殺菌時の所要時間

波長による殺菌効果の違い

このグラフはクリプトスポリジウムの紫外線感受性を表しています。
一般的な細菌やウイルスも同様の特性を示し、感受特性のピークは260~270nmに多く見られます。
深紫外でも感受性の高い波長であるほど殺菌効果が高くなります。

(クリプトスポリジウム:塩素耐性を持つ病原性原虫、水による感染症の原因となる)

波長によって殺菌効果が変化するため、効果的な波長の深紫外を選択することが重要です。

スタンレー電気の深紫外製品ラインナップ

LEDとランプのラインナップがあり、様々な用途に最適な深紫外光源を提供致します。

(Ta 25℃)

デバイス ランプ(冷陰極管) LED
波長 254 nm 265 nm 275 nm
紫外光出力 200 mW 600 mW 1,100 mW 10 mW 25 mW 50 mW 3 mW 21.5 mW 43 mW
製品
IF 10 mA 15 mA 15 mA 440 mA 440 mA 440 mA 20 mA 150 mA 350 mA
VF 400 V 600 V 860 V 7.0 V 7.0 V 7.0 V 5.2 V 5.5 V 5.8 V
サイズ
(ランプ: D×L) (LED: L×W×H)
4×70 mm 4×150 mm 4×240 mm 3.5×3.5
×2.24 mm
3.5×3.5
×2.24 mm
3.5×3.5
×2.24 mm
3.45×3.45
×1.78 mm
3.45×3.45
×1.38 mm
3.5×3.5
×1.3 mm
詳細情報

基板実装サンプルや簡易モジュールなども販売しておりますので、お問い合わせ下さい。

お問合せはこちら

深紫外LEDの利用が期待されるアプリケーション

深紫外LEDの高出力化によって、家庭用品から産業機器、工場、インフラ分野へと拡大していきます。
スタンレー電気は高出力LEDの開発にも取り組んでおり、深紫外の可能性を追求し続けています。

お問合せはこちら