HOME>取扱製品>LCDモジュール:LCD/グラフィックタイプ

LCD/Graphic Type

LCD/グラフィックタイプ

製品写真
チェックした製品を比較する
比較を元に戻す
使用上の注意事項

1-1:取り扱い上の注意
(1)液晶パネルはガラス製品のため、強い衝撃を加えると破損します。落としたりして、機械的衝撃を加えないよう十分注意してください。
(2)表示面に使用している偏光板は傷つきやすいので、ピンセットや工具などの固い物を当てたり、押したり、こすったりしないよう十分注意してください。
(3)偏光板は有機溶剤によって侵される事がありますので、表示面が汚れた場合 には、セロハンテープでゴミを吸着するか脱脂綿等のやわらかいもので、 軽く拭き取ってください。
(4)水滴などが長時間付着すると変色やシミの原因となりますので、すぐに拭き取ってください。
(5)高温、高湿での使用、保存は避けてください。 高温、高湿下では偏光度劣化を起こしたり、気泡発生や偏光板はがれが発生することがあります。保存の際には、直射日光や蛍光灯の光を避け、導電性ポリ袋に収納し、比較的低温(+5~+30℃)にして保存してください。
(6)液晶パネル内部の液体(液晶)は有害物質です。液晶パネルが破損した場合流失した液晶を口に入れないでください。皮膚や衣服に付いた場合は、石鹸で洗い流してください。
(7)本製品は、室内にて使用される機器用に設計されております。

1-2:動作上の注意
(1)電源を入れたままメインシステムに液晶モジュールを接続したり、取り外したりしないでください。
(2)保存温度の範囲を超えた場合、動作規定温度内に戻しても正常に動作しない場合がありますので注意してください。
(3)光学特性(視角範囲、コントラスト)は、液晶駆動電圧(VEE)により変化します。液晶駆動電圧は、最適のコントラストになるように調整してください。
(4)液晶パネルの端子部に若干の結露でも生じると端子が電気化化学反応を起こし断線の原因ともなりますので、結露させないでください。+40℃、85RH相当の相対湿度以下で使用してください。また急激な湿度変化は、結露の原因となることがありますので注意してください。

1-3:実装上の注意
(1)モジュールを絶対に改造したり、分解したりしないでください。改造したり、分解した後、再び組み立てて動作不良となった場合は、責任を負い兼ねますのでご了承ください。
(2)回路に”CMOS LSI”を使用していますので、静電気で破壊されることがあります。静電気を帯びないよう注意してください。作業者の体をアースバンドにて接地し、静電気の起きにくい服装を着用するようにしてください。
(3)モジュールは、同一平面で固定するようにして、モジュールに”ソリ”や”ネジレ”などのストレスが加わらないよう注意してください。”ソリ”や”ネジレ”などのストレスが液晶に加わると、色変化や破損の原因となりますので注意してください。
(4)表示面に使用している偏光板や液晶パネル保護するため、透明アクリル板など保護パネルを設けてください。
(5)モジュール内に、ゴミやホコリが入ると表示に悪い影響を及ぼすことがあります。ゴミやホコリの多い場所で使用される時には、防塵等を十分考慮してください。
(6)メタルフレーム部は、外観検査の対象としておりません。小さいキズ等がつくことがありますので、実装時”メタルフレーム”が見えなくなるよう設計してください。
(7)LED周辺は、発熱いたします。使用中に液晶パネル面が、4-1項(環境条件)の周囲温度(動作時)を超えないよう放熱に配慮してください。

テクニカルデータ・サポート

品名表示方法廃止品取扱注意FAQテクニカルノート

お問合せはこちら

前に戻るページトップへ戻る